お薦め

「学資準備の必要性」

学資準備とは、子どもが将来必要になるであろう教育資金を、
その都度用意立てするのではなく、まだ教育資金の必要でない時期から
計画的に教育資金を準備するということです。

では、なぜ教育資金が必要でない段階から準備しておく必要があるのでしょうか。
こちらの学資保険の目的の解説サイトと合わせてご覧ください。

それは、子どもが望むのであればできることはしてあげたいと思うのは親心であり、
現在では幼稚園、小学校、中学校、高校から大学までの
進学が普通となりつつある世の中になってきました。

実際に幼稚園から大学卒業時までにかかる教育費を諸統計から見てみると、
実は【最低でも】1000万円(大学進学時に400万円以上)、
浪人した場合は1年間で100万円はかかると言われています。
さらには、教育関連費用は今なお上昇し続けているという現状もあります。

普通のご家庭で、これだけの金額をその都度支払うことは
とても困難なことではないでしょうか。

お子さんが望む進路を進ませてあげたいと思うのであれば、
お子さんが生まれた時点で何年後にはいくら、
またその何年後にはいくら必要になるということをきちんと把握し、
それまでに必要額をきちんと貯蓄する必要が出てくるわけです。

不景気などで生活や収入が安定しない現代だからこそ、
貯めるべきお金をしっかりと管理する必要があるのではないでしょうか。

銀行などの積立貯金や定額貯金などを組んだり、学資保険に入るなど、
ご自身に合った方法を選び、計画的な学資準備をしていきましょう。

学資保険とは、子どもの将来の教育資金のために決められた保険料を支払うというもので、
終身保険や定期保険などの死亡保険などと同じように生命保険に分類される保険です。

満期時はお子さんの教育資金が必要になる15歳と18歳が満期とされる場合がほとんどで、
まさにお子さんの教育資金の為の貯蓄といえます。

種類としては、貯蓄性重視型のものや保険重視型のものなどや、
契約者に万一のことがあった場合などに養育年金が受け取れるというものもあります。
このサイトの家庭に合った学資保険のページをご覧ください。