お薦め

「学資保険は誰のための保険なのか?」

学資保険は、お子さんの教育費用の為の保険ではありますが、
実はお子さんのためだけではありません。
子どものために子どもの望む進路を取らせてあげたい、
という想いもあるでしょうが、
我が子を良い学校にいれてやりたいと思う親心もあります。

子どもが有名な学校に入学できたら誇らしいと思うものです。

ですが、もし入学資金が足りなく、良い大学に入るだけの
素質はあるのに費用を支払えなかったら…。

そういうことを防ぐのが学資保険であり、
子供のためだけではなく、親のための保険ともいえます。

学資保険と、『保険』という言葉がつくので、何かあったときのための
備え=保障という感覚で考えてしまいがちですが、
学資保険の場合は、『貯蓄』という言葉の方が合っているかもしれません。

教育資金を確実に必要になるときまで貯蓄しておける保険で、
貯蓄をしながらも保障もつくというものです。
計画的に貯められるならば、余裕のある範囲で自分に投資をしてみるのもよいでしょう。
インプラントもおすすめです。

日々の生活に一生懸命にあればえるほど、
やはり将来のことに目を向けるのも難しくなるのではないでしょうか。
数年後のことならまだしも、子どもが成人する頃の進路のことまで考えることは難しいでしょう。

そのとき、必要になったときに慌てるのではなく、そのときに備えて子どものために、
そして親自身のために確実に貯蓄をするために学資保険があります。
学資保険はお子さんの成長と共に祝い金として受け取れるものや、
高校卒業後の大学進学のために18歳頃にまとめて受け取れるものなどさまざまあります。

小学校入学時、中学校入学時、高校入学時、大学入学時のそれぞれの場面で、
学資保険として確実に貯蓄していた金額に、
日々の家計からやりくりした金額を合わせて利用もできますし、
とりあえずの家計には無理はないので、一番お金のかかる大学進学時に
まとめてお金を用立てたいという場合も可能です。

家計に無理のないプランを選ぶことができます。
学資保険の種類についてはこちらのサイトが参考になるかと思います。

子どもの将来のために、無理のないプランを選べるのが契約者であるご両親です。